2017年02月27日

CYMA マグプルショットガン 調整


マグプルショットガンの調整作業を終えました



どうやら「ハズレ」個体のようで以前の購入した
モデルと比較すると手間が掛かりました


まずは箱出しの現状把握から

外観に大きな傷は無し
当方の場合、サバゲでの使用が主な
目的なのでキズは気にしていません
あまりに大きな傷だとショック・・・

ストックのカバーは購入時から付いていました
このカバーを調べてみると、3Dプリンターを
使って作成された物で良く出来ています


バレルクランプと呼ばれる部品です

取り付け位置を間違えたのか?
外された形跡がバッチリ残っていますよw


初速を測ってみると・・・かなり低い数値
コッキングは軽くて容易に行なえます


単発で計測すると急上昇する謎仕様

運が良ければ(アタリ個体を引けば)
箱出しで使えるそうです(たぶん)


初速計測を終えてから分解して
メカbox内部の確認します


他のブログでも紹介されていましたが
マグプルモデルは二重給弾防止加工が
オミットされています

またメタルモデルであってもアルミ製の
バレルに変更されていました
(別のモデルでは真鍮製のバレル)


コッキングの失敗に気が付かず使用すると
色々と面倒な事になってしまいます

マルイピストンを加工済み


チャンバーを分解しようとすると
異物が付着していました


チャンバーの精度が悪くて気密が漏れて
初速が低下したと考えています

ネジロック剤(のような物)を塗布して
気密漏れを防ごうとしたのかな?


HOPパッキン内部はグリスまみれで
外周は白く粉を吹いています(長期在庫品?)


マルイのHOPパッキンと交換しました


チャンバーとバレルは代用品が無いので
とりあえずオリジナルを再利用をする事に

バレルを組み付ける際に内部を清掃します


ちょっとだけ汚れていました


チャンバー周辺の作業のみ行なって
計測をしてみると・・・


ちょっと初速が回復しました


再度分解!(2月7日の状態になる)


調べた情報を元に東京マルイのM3と
互換性のある部品を取り寄せました

部品到着するまでの間は放置プレイ


今日はここまで

とりあえずマグプルショットガンの購入に
悩んでいる方がいるなら、このデザインに
余程の思い入れが無い限り購入するのは
やめた方が良いと思いますw




同じカテゴリー(CYMA m-style)の記事画像
マグプルショットガン 外装プチ変更
M3 ノズル 破損防止加工
CYMA マグプル M870
マグプルショットガン マウントベース取り付け
続:CYMA マグプルショットガン 調整
CYMA マグプルショットガン 再度分解
同じカテゴリー(CYMA m-style)の記事
 マグプルショットガン 外装プチ変更 (2017-06-12 23:48)
 M3 ノズル 破損防止加工 (2017-04-16 10:49)
 CYMA マグプル M870 (2017-04-13 10:09)
 マグプルショットガン マウントベース取り付け (2017-03-08 00:38)
 続:CYMA マグプルショットガン 調整 (2017-03-06 00:00)
 CYMA マグプルショットガン 再度分解 (2017-02-07 00:20)

Posted by yahio  at 00:00 │Comments(0)CYMA m-style

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。