2019年01月06日

アウターバレル短縮加工


昨年末に購入したCYMAのショットガン
ロングバレルの短縮加工を行ないました



まずはカットする長さを決めます

加工後の全長はM14socomと同じ
940mm前後になるようにしました


アウターバレルとマガジンチューブを外します

キャップにはネジ山がありチューブに
締め込んで固定されています
マガジンチューブを短縮加工した場合
キャップはどうやって固定しようか?
悩んだ結果・・・


チューブ側のネジ山を作るとか大変そうなので
元々のキャップは使用せずホームセンターで
販売されているパイプエンドキャップと言う物で
フタをする事にしました

パイプ径が合っていなかったので悩みましたが
値段が安いので失敗しても「まぁ・・・いいかぁ」
で済むので試しに購入(¥250円くらい)



径が合っていないので入りませんでしたが
ハンマーで無理やり叩き込みました

筋肉で解決!


キャップを取り外そうとするとガッチリ!
と食い込んでしまい取れません・・・

ムキになって外そうとしましたが
捨てる部分なので諦めました


サンダーでカットしたあと
切断面の形状を整えます


塗装します


薄くグリスを塗ってキャップを暖めてから
押し込むとあっさりと入りました


キャップを塗装します


塗装が弱いのか?既に剥がれが・・・

フロントサイトはレイルに隠れて
見えなくなるので撤去しました

アイアンサイトなんて飾りです
偉い人には解からんのですよw


全長は945mm
M14とほぼ同じ長さとなりました

長くて重くてエアコキ・・・
サバゲでは不利な条件ばかりですね
けどカッコイイので気に入っています


ロング ミディアム ショートモデルに続いて
「セミロング」と言うモデルが追加されました

個人的にミディアムバレルくらいが
扱いやすくてお勧めです


加工するきっかけになった元ネタがあります

海外通販サイトで見つけたエアソフトガンです


ストックの形状は異なりますが
そっくりですね!


今後は国内でも画像のようなショート
モデルのエアコキが発売されるはず!?

カッコイイですね~


連休中は毎日ランニングとブログ更新
行ってきましたが、今日が最後です


連休最終日となりましたが計画していた
作業はほぼ終わっていませんw

一応、MP5のメカボは組み立てました
後はフレームに取り付けて動作確認

撃ち始めに使用するmarsoc用の
MK18mod1は現在部品待ち
まだ時間はあるのでへーきへーきw
 





同じカテゴリー(CYMA CM355 Keymod)の記事画像
CYMA M870 M-STYLE Keymod
同じカテゴリー(CYMA CM355 Keymod)の記事
 CYMA M870 M-STYLE Keymod (2019-01-02 12:41)

Posted by yahio  at 19:26 │Comments(0)CYMA CM355 Keymod

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。